LDL 悪玉 コレステロール 下げる サプリ サプリメント

LDLコレステロールを下げるには|悪玉撃退にサプリメント

LDLコレステロールの高い原因と改善法

肥満の原因にもなるコレストロールの種類の内、善玉コレステロールや悪玉コレステロールなどあります。その悪玉コレステロールをLDLコレステロールといい、この数値が高いと肥満だけでなく、心筋梗塞や脳梗塞、などを引き起こす原因にもなりかねず非常に危険です。この悪玉コレステロール「LDL」が起因する症状は動脈硬化や高脂血症もあり、血栓ができ血液の流れが正常にいかず、脳や心臓まで影響を及ぼし、卒倒する可能性もあるのです。ですので、これら症状の回避には生活習慣や食の見直しを行う必要があります。では、そのLDLコレステロールの高い原因として加齢や運動不足があり、代謝やコレステロールである脂質が燃焼されにくい原因も挙げられます。それと暴飲暴食やストレス、女性においては過度なダイエット、食事制限でも高くなる傾向があります。その中で一番は普段から摂る食事のバランスが悪い食生活でしょう。コレステロールの多いチーズやバター、脂の多い肉類ばかり摂取しているとかなりの悪玉コレステロール「LDL」の値が上昇してしまいます。ですので改善策では日頃の運動やストレスをなるべく避けバランスの取れた偏らない食事を心掛けることが大切です。

LDLコレステロールを下げる食品を積極的に食べたい。

コレステロールには、善玉コレステロールと悪玉コレステロールの、LDLコレステロールの2種類があります。
善玉コレステロールは体内にあっても問題はありませんが、健康診断でLDLコレステロールの数値が高いと指摘された人は、動脈硬化が原因の心筋梗塞や狭心症、脳梗塞などの病気を予防するために、食品で下げる努力が必要です。
LDLコレステロールを下げる食品には、不飽和脂肪酸のDHAやEPAが豊富に含まれている、マグロやカツオ、サバやイワシ、サンマなどの青魚を積極的に食べるようにしましょう。
緑茶にはカテキンという成分が含まれていますが、体内のLDLコレステロールの上昇を抑える働きがあるので、食後に飲む習慣を付けるようにして下さい。
納豆や豆腐、おからなどの豆製品を使用した食品や、糠漬けなどの発酵食品は、腸内環境を整えて便通を改善する働きがあるので、体内の老廃物や毒素を排出する働きがあるので、積極的に食べる必要があります。
えごまオイルやオリーブオイルなどの、天然の植物由来のオイルは、血流を促進する働きがあるので、一日に適量を摂取すると動脈効果を予防する働きがあります。
くるみやナッツ類なども、LDLコレステロールを下げる働きがあります。

 

コレステロールを下げると考えたときに出てくるのがDHAです。
DHAを効率良く摂取するためにはDHAサプリが便利なので一度摂取してみるとよいと思います。